無料ブログはココログ

2020年1月 3日 (金)

明けましておめでとうございます

よく晴れたお正月、

皆さま健やかに新年を迎えられたことと思います。

昨年はアップのスピードがガクンと落ち、自分ながら、おい、どうした、と戸惑いましたが、それでもアップするたび、立ち寄ってくださる皆さまに感謝です。

D225bbede72444b9adb7dc27a715c8d6

元旦は恒例の子守(こまもり)神社に初詣。世界中に寒さで震え、飢えに苦しむ数えきれない人達がいることを思うと、この平凡と何十年も続く偉大なるマンネリに限りなく感謝したいと思います。

2497e9a20b7040d5a7d1a68472e7e009

今年、お正月飾りは手作りで。

運動不足のお正月は、夕方散歩に。

Bd521d129084407e942b7e8a186204ca

夕焼けの中、富士山が、

こんな遠くまでその姿を届けてくれています。今年も頑張れよ、といわれている気がします。

気持ちと体力のギャップを感じる今日この頃、やる気はあってもカラダはポンコツ。これからはこのギャップをなんとか折り合わせていかないといけないと思います。

まずは正月早々「パプリカ」の歌詞を何度聞いても覚えられないことに愕然とし、いわんやその振り付けをや。であります。完璧でなくても希望はありますから、覚えられないことは数で克服。なんでも。

人生は短いです。皆さまにとって、今年もいろんなことが起こり、素晴らしい一年となりますように。

薄味のブログ、本年もよろしくお願いいたします。


本日もおいでくださいまして本当にありがとうございます。

2019年12月26日 (木)

お久しぶりです。

お久しぶりです。

拙ブログにおいで下さってありがとうございます。

前回の投稿から長い時間が過ぎ、

感動したことや嬉しいことなど、どれから書いていいかわからないほど、

時間が経つと鮮度がなくなるのが残念です。

でも、勇気をもって自分のスピードで綴っていきたいと思います。

どうかおつきあい下さい。

 

母校の赤レンガの校舎に、何十年ぶりかで訪れました。

いつの間にか、大学通りまで地下道が続いていました。

雨の日に、傘をささなくても走れば大丈夫かも?という距離。若い学生さんならね。

こんなイスなかったなあ。今風ね。いい感じ。

Img_5173

学食の中。イギリスっぽい。

私のイギリスへの憧れの原点はここにあったのかもしれません。

Img_5177

貧乏学生だった私は、本当はカツカレーが食べたいのに高くて手が届かず、

いつもふつうのカレーを食べていたので、

この日は迷わずカツカレーの食券を購入しました。

本当に、

時を経てカツカレーを注文できる自分が素直に喜ばしく思いました。

今、貧乏に喘いでいる学生さんがいたら、頑張れ。

いつか食べたいものが食べられる日が来るぞお。その喜びは何倍も大きいぞお。

Img_5175

11月は久々に成田ボランティア。

美しい紅葉と出会いました。

Img_5054

この美しさを、

乗り継ぎの便までふつうなら数時間を空港で過ごさなければならない人たちに、

ツアー参加を選んだからこそ見せてあげられることを嬉しく思います。

とはいえ、月一回程度の活動では、やっと30回を数えるほど。

なので9月からは、もっと詳しく知るための研修に参加しています。

行くたびに、参道にとびきりおいしいパンの店や体験型弓道場も発見し、

かつてやっていた司会の仕事も、今の英語の仕事もこのため?

と思うほど、意義深いなものになっています。

この先も頑張ります。

 

今日もおいでいただきまして、本当にありがとうございます。

2019年11月29日 (金)

セレンディピティの旅

薄味の拙ブログへようこそ。

 

訪問くださってありがとうございます。

イギリス語学研修+プチロンドンひとり旅紀行はゆっくり進みながら早くも終盤です。

 

語学研修を引き上げたあとは現地の大事な友人に会いに行きます。

さすがにこの時はauの世界データを使ってwifiを利用しました。
列車は普通に遅れるものですから連絡に必須です。

Sちゃんと10数年ぶりに訪れたデンマンズガーデン。

3a7e26635048468b9645ff4f4b1d88b1

このガーデンのデザイナーは、ジョン・ブルックス氏。

その昔、Sちゃんとガーデンを歩いていたときに、庭仕事をしていた彼と偶然出会い、

立ち話の末に、彼女のガーデンのデザインをお願いすることになったのです。

ジョン・ブルックス氏によるデザインなんて、夢のようなハプニングです。

 

ジョン・ブルックス氏はバラクライングリッシュガーデンもデザインしたそうで、ケイ・山田さんからの植樹もありました。残念なことに最近お亡くなりになったそうで、お会いすることはできませんでした。ロンドンのガーデン博物館には、彼の仕事を紹介するビデオが流れていたので、故人を忍びながら時間が経つのを忘れて拝見しました。

Img_4741_original   

<セレンディピティ>

「素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること、
また、何かを探している時に探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること、平たくいうとふとした偶然をキッカケに幸運をつかみとること」ウィキペディアより。

Sちゃんと出会ったのもそれでした。

ウエストディーンガーデンズで受講したガーデンレッスンのクラスメート、
それ以来18年続いています。
彼女との繋がりが、どれほど人生を豊かにしてくれていることか!

 

 Img_4740_original

今回も、彼女と散歩をしている時に、イヌを連れた素敵な女性とちょっとした立ち話の後、お茶に招かれて続きのお話をしました。
その辺には、偶然出会って意気投合して、じゃあうちにいらっしゃいよ、なんてことが結構あったりするそうです。
素敵ですね。

禅の本や葛飾北斎の絵を持っていたり、質問責めにあい答えに窮しましたが、
難しいことは答えられないので逃げ切りながら、
東洋と西洋の大きな違いと小さな共通点を見つけて楽しみました。

これはその近所の家。壁に埋め込まれた石が特徴的です。

B54ecb48d540483aa99e79a183381f2c

旅はセレンディピティに満ちています。人生もまた、きっとまだまだセレンディピティ。
知らないこと未経験なことがいっぱいです。

皆様にも素敵なセレンディピティがありますように。

 

本日も訪問してくださいましてありがとうございました。

2019年11月21日 (木)

イギリスの光

光はその土地の景色を象徴しますね。

イギリスは、どこを切り取ってもやはりイギリス。それは光と関係があるから。

A6ef7dd71fca429cb4108f1b06c8163c

日本より北にあるため、トーンが抑えられ、柔らかいです。

EAST ASHRINGでお世話になった宿。

88981e72a92f46f9948f1a8e9aac9731

夜の帳が下りるとこんな感じ。

12c646aa5c904678b8e65b8f4405ef2c

夜は暗いのですね。

この後真っ暗になりました。

懐中電灯がなければ歩けません。

昼の光。

E03ab30ce9394cb08ac6f9eb815335a8

黄昏の光。

5d97a2db478e4fd68e2a5b1a004d9566

光の変化に魅了されます。


寒くなりましたね。風邪をひかないようにお気をつけください。

訪問してくださいましてありがとうございました。

2019年11月 8日 (金)

方向音痴炸裂

連続した台風で、被災した方々に心からお見舞いを申し上げます。

私の住まいは奇跡的に無事でしたが、19号の時は、千葉駅前の冠水を見て、いくら高台でも排水が追いつかなければ川のように冠水するかもしれない、というのを実感しました。災害の備えは万が一でもしておかなければと痛感します。どうぞ皆様もご無事でありますよう。

B106d6fdbae34697bfbf7194705740b2

これはロンドン、トッテナムロードコートの駅前にあるドミニオン劇場です。
ここではミュージカル"BIG"を観劇しました。

ミュージカルは2つ見ることを予定していましたので、どちらの劇場にも近いアパートメントホテルに滞在することにしました。コベントガーデン付近のホテルは一泊3万円はしそうです。2泊に6万円はちとキツすぎます。予算を抑えられて良い体験にもなるだろうと、駅から至近のアパートメントホテルに予約を取りました。Italian-flatという宿で、ドミニオン劇場とニューロンドンシアターとはちょうど三角を描く位置にあります。

基本的に部屋はビルの一室なので、フロントはありません。現地で担当者から直接鍵の受け渡しになります。受け取った住所からビルはココ、と確信したのですが表示もなく、扉は自動ロックで硬く閉じられています。鍵を渡してくれるはずの女性との連絡はケータイのアドレスのみです。1Fにある雑貨店の女性店員さんに泣きつきました。auの世界データを使えばwifiが使えたのですが、その一回のために¥980を払いたくなく、ちょっと時間をもてあましているように見えた彼女のケータイから連絡をしてもらいました。ビンゴ!そのビルの2Fでした。でも、電話の向こうの女性は中東系の訛りが強くよくわかりません。女性店員さんが同じような訛りだったので無理やり代わってもらい、無事ビルの中に入れました。

7a2f9a164e8442a484c695a6dd33ffa3

扉を開けると旧式のエレベーター。2Fから「上がってきて」という声。
スーツケースが重かったので、「エレベーター使っていい?」と聞くと、
「使っていいけど私使ったことないから動くかどうかわからないわよ」というつれない返事。

F6eb43c4e2244a1ea277c924c2b31383

仕方ないので、ウンショウンショと階段を登り、ようやく部屋の前へ。

71e3516ee4c34d86810f3bcb26e2dd64

鍵の受け渡し、使い勝手の説明を受けて荷物をほどきます。
バンザイ!まるでロンドンの一人暮らし!ロンドンっ子になったみたいでカッコよくない?といい気分。
ロフトベッドにキッチン、洗濯機、狭いけどなんとかしのげるシャワー。テレビもwifiもある。

と、ところが、次の難所!ーーーーwifiが、繋がらない!
パスワードと格闘すること30分。どーしても繋がらない!
部屋中探し回ってwifiボックスを見つけました。印刷の文字は明瞭。
9と思っていた文字は、手書きだとqあるいはgとよく似ていたのです。一件落着。

でも、これは後に続くトラブルのほんの序章でした。

A86384317c5f4ee6b8a7933ccc8d4ac7

窓の外はスターバックス。

下の階で2食分はありそうなチキンサンドを購入し、戻ってきたら、鍵が開かない!

えっ⁈違うの?見回せば同じ扉ばかり。
ぼーぜん。
部屋を間違えた?どこ?私はこのままミュージカルにもいけず廊下で一夜を明かすのか?やっぱりアパートメントホテルなど無謀だったか、ホテルにすべきだったか。と思ってもどうにもならないので、隣の扉を試したり上の階に行ってみたり、結局2つの鍵を操作する順番の問題だったとわかり無事入室。意気揚々とニューロンドンシアターへ出かけました。

スクールオブロックは子供達のエネルギーが炸裂する楽しいミュージカルでした。

しか~し、とっぷり暮れたロンドンの街、私の方向音痴も炸裂でした。

劇場に入る前に、右左を確認したつもりだったのですが、

気がつけば全く逆方向に歩いていまして、着いたところはチャリングクロス。

どうして???歩いて帰れる距離に宿をとったのに、

結局地下鉄に乗って帰ることになりました。どこで逆になったのでしょう???

方向音痴はいつものことですが、トラブル経験が多いほど、
若者たちがロンドンに来ると言ったとき時、こんな体験も役にたつかもしれないし、と、

はじめての体験にワクワクしながら眠りについた夜でした。

 

つたないブログですが、本日もご覧いただきまして、ありがとうございました。振り返って書くのも楽しいです。

2019年10月 8日 (火)

英国にいってきました。

80aca63df2064cefbe3be35a3552221a

ターナーの絵ではありません。

C5156eedcde74c7e96d1abfa03e3d84d

英国です。

20b2c2fab1a24fa08a27c5b09ca1d731

ウースターのkingsway語学学校に出席してきました。

165f20ba717e4be891efe49c9390c245

ウースターはウスターソース発祥の地です。

英国では大聖堂があれば、規模が小さくてもシティと呼ぶそうです。

なのでウースターシティ、です。

942efbbadbcf4a12b1cfae84dc9d310d

ビクトリアンハウスがいっぱい。

ここで、初めて、いろんな国の人たちと、

肩を並べて英語を学びました。

初めてのことに目を白黒。

戸惑いながらの1週間を過ごしましたが、1週間は短すぎました。

気がつけば、ほかのみなさんは

2週間から3週間、4週間、さらには3ヶ月の単位で来てました。

みな、ビジネスや起業のため、商売の展開のため真剣です。

私ははるばる日本から行ったのに、

とてももったいない、という状況でした。

Efc4d8868ad4475b9a5d8e4ee9aa0b5e

大聖堂に向かって、ステイ先から20分。

この道で2日目にして、人から道を聞かれました。

まるで住人として認められたかのようなハプニング。もちろん案内していきましたよ。学校への道の途中でしたからね。

0cf445525a6743748190639d8a9eb0bb

アクティブなレッスンに戸惑いながら、濃い5日間を過ごしました。

ご無沙汰しておりましたが、ご訪問いただき、ありがとうございます。

2019年9月11日 (水)

千葉直撃

台風が関東地方を直撃しましたが、

皆さまのお家は大丈夫だったでしょうか。

こともあろうに、千葉は東京湾のど真ん中を突っ切って狙い撃ちされました。

近くの公園では、あんなに太く頑丈な木が、

根元からバキっと。

02171dfaec404ddb9fd90e06c9ca0ef6

折れてしまいました。

608a423fe5314f1ba5970c0563b368a9

街路樹の根元には、哀れ、無数のスズメの死骸。

お気の毒に、小鳥たちはあの強風に耐えられなかったようです。

夜中に風速57メートルが通り抜けた我が家も、公園のイチョウの枝や葉っぱがハンパなくふりそそぎ、ベランダも玄関も埋もれました。

3183f699bc894fee8ca60b69d39d9ebe

銀杏の実もまだ熟さないうちに道路に叩きつけられ、車がその上を踏んで行きます。クサ〜〜。

A479db6fa89d4c9b8e8404349c74d422

友人宅では停電のためお湯が出ず、水のシャワーを浴びたとか。

自然の脅威には驚くばかりですが、 

備えの大切さも痛感します。

水、食料、燃料に、懐中電灯などの防災グッズ、ちゃんと備蓄しなければ、と思います。

とりあえず、無事でおります。


ご訪問下さってありがとうございました。

2019年8月26日 (月)

いいとこ取りの旅

Bcfa38ae554d48e8a8a55d36e3d23aa0

上野動物園ではありません。

E057f3227cf046aab72cd532fb327ed4

日本のラン園でもありません。

B872a2323fbf470b80c56cd496daa55e

タイに行ってみました。

595f7db0edc7461bb4a8b8a8acb25090

チェンマイ、アユタヤ、バンコク、です。

長い歴史の中で、菩提樹に包まれた仏頭。

9d77c3e42e064677a6d986823e51ef65

タイ北部の民族舞踊

1fc312e14bd0490491cd59d0e7ca0b40

それはもう、「王様と私」の中に迷い込んだような、

夢のような5日間でした。

この度はちょっと贅沢だと思ったのですが、

JTBさんを利用させていただきました。

というのは、昨年、一人分無料!というツアーにほだされて参加したバスツアーが、

安いのはこのためか、というちょっと情けない部分があったので、

滅多に行けない海外旅行で残念な思いをしたくないという一心で、

初めてJTBさんのドアを叩いたのです。

C8c68001a31d42d0a28fe5f020386371

さすがでした。

ホテルは高級。ガラス張りのバスルーム。

チェンマイでは、ナイトバザール、バンコクは交通至便の中心部のホテル。

プライベートのガイドさんとドライバーさん。

たまたま申し込みがひとグループだけだったようで。

ともかく快適。

Da640f00db7846a197eeedc9cccad943

このためにまた一生懸命働かなくては、と思うバケーションでした。

夏もあとわずか。

皆様も、今年ならではのバケーションを。

久々のアップでしたが、訪問してくださってありがとうございました。

2019年7月17日 (水)

成田祇園祭りにて

これはなんでしょう?

C24eec2aa65644f5be63b848d1009009

祇園祭です。

京都ではありませんよ。

成田の祇園祭りです。

65bd381db5e4461b9938a350bea7a319

毎年7月の第1金・土・日に行われ、今年は5日から7日まで行われました。

D79f6fa7dda840bdbc6606079a7a6014

祇園祭り弁当が、こんなにカラフルで美味しそうで、ワンコインなんて、素敵じゃありません?房の駅、祇園祭り限定のお弁当です。

Eda4320372e04afc84e12f7592dda61d

本堂前広場に、山車8基が結集。

11e313ab94b841e888c53997005cd5c6

13:30から山車の開会イベントが始まるのですが、

ツアーはこの後お客様のご希望で日本庭園へと進みました。

4時間のトランジット時間で、年に一度の祭りの賑わいと、庭園の静けさを両方楽しめたお客様、本当にラッキーだったと思います。ランチはもちろんお寿司でね。

私も、祇園祭りのボランティアガイドは初めてで、本当に楽しく勉強になりました。

1d8bb1d53d634ea0afd1cec443bd1ec3

この日は曇りでしたが、翌日も翌々日も雨で、本当にラッキー。

私は自称晴れ女。実は曇りで傘いらず。結構観光に向いているみたいです。

たとえ今が梅雨空で鬱陶しくても、涼しいのは救いです。皆様もどうかお元気で。


本日も訪問してくださってありがとうございました。

2019年7月 9日 (火)

紫陽花の季節

うっとうしいお天気が続いていますね。

体調を崩していませんか?

私はもともと6月生まれなので、雨の天気も暑いのも結構平気です。

アジサイのように元気で申し訳ないくらい。

30a209fc26bc449593b4eccf1355b0cb

ここは鎌倉ではありません。京都でもないですよ。

松戸の本土寺です。

常磐線北小金の駅から、閑静な住宅街を抜けて20分ほどのところにあります。

秋には美しい紅葉で知られていますが、この時期はアジサイ寺としても多くの人が訪れます。

05354a60e2e8496abcd0a2a78e98b417

雨に打たれて生き生きとした紫陽花。

F12fd64a210a43dab4be94b53133d887

雨宿りの姿もいいものです。

F32e62b9d5d84cb58589f8d5b6a01e88

しっとりしているからこそ見れる最高の景色。

337848b4bd2044f9b4bcb6f6b8144603

この雨空が上がったら、いよいよ夏の暑さがやってくるのでしょうね。

5ec08ddac74a4750bf5c6d6d93523d08

寒暖も激しく安定しませんが、

お身体お大事にね。

9344afe5dbc74dcaa4d460f3f3e66a89

本日もおいでくださってありがとうございました。

«後半の始まり