秘密のガーデン発見

房総に素敵なローズガーデンを発見。
 
Img_8633
 
イギリスみたい。
 
入る前からワクワクします。
 
房総の山の中に、こんなハイカラなガーデンがあったなんて。
 
The Drreaming Place
 
 
Img_8628
 
イングリッシュローズとオールドローズのなかでも、
 
香りの良いバラさん達を集めているそうです。
 
 
Img_8625
 
ネコちゃん達も大事なスタッフ。
 
椅子の上でくつろいでいるでしょ。モチロン、人もくつろげます。
 
Img_8631
 
そよ風の音が聞こえそう。
 
バラのケーキとローズティー。
 
Img_8632
 
アンティークなカップや小物など、ショップも充実しています。
 
Img_8630_2
 
 
駐車場もイギリスっぽくて嬉しくなりますが、、
 
92号線から入る道路がクネクネの細い道。
 
運転には十分気をつけて下さいね。
 
 
バラのシーズンにまた行きたい、
 
ネコやお店を見にまた行きたい、
 
ガーデンテラスでお茶を飲みにまた行きたい。
 
と思うガーデン。
 
いつかご一緒できるといいですね。
 
 
 
本日も訪問して下さってありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枇杷の季節到来

富浦道の駅、枇杷倶楽部
 
アカンサスが今年も盛大に咲いていました。
 
生きる力を感じるなあ。
 
Img_8618
 
枇杷倶楽部へきたらやはり枇杷カレーを食べなくちゃね。
 
ガウラがそよそよとなびく景色を見ながら、枇杷カレーに枇杷ソフト。
 
一年ぶりの枇杷三昧です。
 
Img_8616
 
枇杷は旬が短くて、2週間くらいで終わってしまいます。
 
農家さんに電話をかけて、今年の様子を聞き、飛んでいきます。
 
一つ一つ、袋に包まれて、大切に収穫される枇杷。
 
愛情を感じますね。
 
Img_8615
 
箱詰めを待つ枇杷のお嬢さん達。
 
Img_8614
 
今年は3月に寒い日があったので、花が落ちたり、しおれたり。
 
その時にダメージをうけると、皮に影響するそうです。
 
久々に100キロの道のりを、命からがら運転してきた証に、
 
姿の良いべっぴんさんを友人達に送り、
 
形が不揃いだけど、黒いえくぼが愛嬌の、お徳用のばら売りを、
 
自宅用と、ご近所用に、ごっそり仕入れて帰りました。
 
帰りは大山の千枚田に寄り道。
 
Img_8621
 
田植えが終わって、青々と、のびのびと、清々しい午後でした。
 
このあと、秘密のローズガーデンを発見。
 
お楽しみに。
 
 
今日も見てくださってありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U's Table さんにて

とうとう関東地方も梅雨に入りましたね。

お花さんたちもバラからアジサイへと模様替え。

そんな中、先日、u's Table さんでフリマの打ち上げを行いました。

U's Table さんのエントランスガーデン。

Img_8558

U's Table さんの店内はUさんのセンスが炸裂!

Img_8561

shade駒場ガーデンで、吉谷先生からいただいたガーベラも

センス良く置かれていました。

多肉とピッタリ。

Img_8560

 

お店にあったビーズの電球カバー。Uさんの手作りです。

あまりにステキなのでウチ用に1つ特注。

Img_8553

サイズ確認のためウチの照明につけたのですが、

ウチ用のべっぴんができるまでついたまま(笑)。

Img_8565

Uさん、ありがとう。

できあがるのを楽しみに待っています。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また行きたくなる診療所

Img_8556

ステキな建物でしょ?

実はこれ、2年前からお世話になっている皮膚科の診療所の外観です。

静かな住宅街に清楚に溶け込む、おしゃれな診療所です。

なんのかんのと、症状を見つけて行きたくなります(笑)

 

というわけではないのですが、先日、

唇が異常にカサカサヒリヒリしたので、久々に駆け込みました。

やはりステキ。

完全予約制なので、待つスペースもゆったり。

院内は明るく、清潔で、

植栽と、明かりとりの大きな窓が、気持ちに希望と安らぎを与えてくれます。

 

医者って、待つ間は不安だらけですもんね。

この工夫は救われます。

あまりにステキなので、どなたの設計かと尋ねましたら、

先生の娘さん、とのこと。

 

また、デザイングループの中には、

東京オリンピックのエンブレムをデザインされた

野老朝雄(ところあさお)さんが入っているではありませぬか。

なんと!

 

検索しましたら、こんなページを見つけました。

田邊恵美子先生。

私がかかった先生って、こんなに立派な先生だったのですね。

いや、そうは思っていましたが、ここまでは知りませんでしたので。

 

当時、顔があかぎれのようにひび割れて、

どこの皮膚科さんも、アレルギー科さんも、漢方さんも解決できませんでした。

それを、「しゅさ」という、紫外線によって引き起こされる炎症の症状、

と、診断してくださったのは田邊先生。 その後、適切な処置を施して下さったおかげで、

まもなくすっかり良くなりました。

もしその時、田邊先生にお会いすることがなかったら、

不安を抱えたまま、夢も希望も奪われて、

うつうつとした日が今も続いていただろうと思います。

今回は、5月の強い紫外線にやられたかと思ったのですが、

もしかしたら、先日つけ始めた、とあるメーカーさんの口紅かも?

皆様、新しい化粧品を使う時にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

 

ルンルンの帰りがけ、スタッフの方に「また来たくなります!」といいましたら、

複雑そうな顔で、「ぜひまたとは言えませんが、うれしいです」と言われました。

ごもっともです。

 

良いオーラを受けると気持ちが一歩前に進みます。

先生の足元にも及びませんが、

ますます、「また行きたくなる英語塾」を目指したい!と思いました。

本日もご覧くださってありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラの季節が・・・

バラの季節が駆け足で通り過ぎようとしていますが、

その美しい姿を留めておかないわけにはいきません。

Img_8544

先々週のバラ園。

Img_8537

1つ1つの🌹バラは、個性豊かに咲いていました。

Img_8541

一足ごとに、眼を見張る美しさ。

Img_8536

満開よりも、これから咲く姿を予想しながら愛でるのが日本人。

Img_8543

今はもっとゴージャスなんでしょうね。

あー!この季節。

Img_8542

今年も埋もれてシアワセでした。


本日も見て下さってありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薔薇とおじさん

Img_8534

綺麗でしょう。贅沢でしょう。バラってすごいですね。

Yさんからいただいたバラの花です。

Cont de Chambord、ホールスタッフ、シャルル・ド・ミル・・・
舌を噛みそうな名前も、Yさんご夫妻からだとスルスル出て来ます。

これらの花々を、もう終わりだからと、
惜しげも無く摘み取って、ドサッと袋に入れてくれました。

こんなことは滅多にないので、私も惜しげなく、

盛って並べてクンクン鼻を埋めて、、

ぜえ〜んぶバラバラにしてポプリにしました。

中心に行くほど花びらがハート型。可愛い。

Img_8535

Yさんご夫妻は、わずか7年ほどで、ご自宅の庭を

見事なバラ園に仕立てられました。見学者も今年は200名を越えたそうです。

草笛の丘のバラの番人前原さんも、一目置かれる薔薇おじさん。

Img_8533

今年のバラの思い出が、ポプリの香りと共に残ります。

Yさん、本当にありがとうございました。

 

真夏日の暑さが続き、

バラの季節も駆け足で通り抜けようとしています。

熱中症にならないよう、水分補給をお忘れなくね。

 

本日も訪問してくださってありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーチのシリーズ

この季節、バラさん達は1日ごとに変わります。
私の好きなアーチシリーズ。

Img_8431

真っ先に迎えてくれるツルゴールドバニーのアーチ。

Img_8430

名前は忘れちゃったけど、

Img_8433

フランソワちゃんはまだ準備中。

Img_8437

このバラを見た時、友人の顔が浮かんだので、

本来の名前はパットオースチン、ですが、

マダム・ホニャニャラ(友人の名前)、と名付けました。

Img_8416_2

こんな風に遊ぶのも楽しい、ですね。

バラ園で出会う友達が増えます。

今度の土日は早朝バラ園、朝7時からオープンしてます。

キングサリも今が見頃。

Img_8434

いきたいなあ。

いつか自分のバラに会いに、ご一緒したいですね。


本日もご訪問いただき、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラのパワー

 いつも見ていただいてありがとうございます。
 
 どちらかというと、浅~いブログですが、
 
 たまに会った友人から、見てるわよ、なんて言われると、
 
 飛び上がるほど有頂天になる私です。
 
 かたじけのうございます。
 
 
 もう少し早く更新したいのですが、
 
 飛ぶように時間が過ぎていきまして、
 
 
 そうこうしているうちに、
 
 京成バラ園のダマスクローズは今が見頃。
 
Img_8397
 
 香りがしそうでしょ。
 
 雨上がりのバラはしっとり潤って、
 
 美しさも香りも格別です。
 
Img_8395
 
 入り口に近いアーチはすでに歓迎モードいっぱい。
 
Img_8389
 
 モダンローズ達は背筋を伸ばしてスタンバイ。
 
Img_8394
 
 
 気がつけば、あらら、まあ!
 
 我が家のピエール・ド・ロンサール様、うつむきながら、開花しています。
 
Img_8387
 
 山形でステキなガーデンを持つ花友さんから、
 
 ピエール様は下を向いて咲くので、目線より上で咲くようにすると良い、
 
 というアドバイスをいただきました。ありがとうございます。即実行します。
 
 でも、もうすでに何輪かはドーンと下に下がってます。
 
 
 さくら、チューリップ、藤、ツツジ、と来て、いよいよバラの季節が始まりますね。
 
Img_8392
 
 今年もまたバラのパワーを沢山浴びましょう。
 
 このパワーが少しでも皆様に届きますように。
 
 
 本当に、このブログに訪問してくださってありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松フラワーパークパート2

 ゴールデンウィークも後半!
 
 関東地方はずっとお天気に恵まれて良かったですね。
 
 皆様どのように過ごされてますか?
 
 私目は、おかげさまでフツーに休日を楽しんでおります。
 
 学生時代には休日返上でバイトバイトの日々を送り、
 
 結婚式場の仕事をしていたときは、休日こそが仕事の日!でしたので、
 
 休みの日に休むのはサイコー!です。
 
 平凡、万歳です!
 
 なので、フラワーパークの続きです。
 
 しばしの間おつきあいくださいね。
 
 
 バラ園への標識を追っていくと、巨大温室にたどり着きました。
 
 あ、妖精が!お花に水を注いでいます。
 
Img_8297
 
 ここにも。
 
Img_8299
 
 ここにも、
 
Img_8300
 
 ここにも、
 
Img_8301
 
 
 shadeさんのお店のショーウインドウで迎えてくれていたバレリーナさんも!
 
Img_8305
 
 2年前の国際バラとガーデニングショーで、アンデルセンのお庭に初登場した後、
 
 お店のショーウインドウで、
 
 変わらぬ美しいポーズで迎えてくれていたバレリーナちゃん。
 
 ここで会えるなんて嬉しいわ。
 
Img_8308
 
 イギリスのティンティンハルガーデンのイメージを
 
 すこ~し加味してデザインされたそうです。
 
 ティンティンハルガーデンには、私も2013年に訪れました。
 (その時のブログはこちら。たいしたこと書いてありませんが。)
 
 繋がって嬉しさマックスです。
 
Img_8304
 
 白いお花とシルバーリーフが、こぼれるように微笑みかける空間。
 
 カラフルで元気の良い花たちのパレードの最後に、
 
 心を洗ってくれるような、清楚な印象です。
 
 熱い気持ちをそっと和らげてくれて、
 
 いとおしさと心地よさが残りました。
 
Img_8310
 
 最後に、
 
 ここは、今年の大河ドラマ「井伊直虎」のご当地、
 
 井伊家の家紋「橘」と、「井」の文字が、
 
 2色の多肉植物でデザインされていました。
 
 品があって堂々。
 
 多肉にちょっと惹かれました。
 
 
 
 本日もご覧いただきましてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマイルガーデンでビッグスマイル

行ってきました。

浜松フラワーパーク。

Img_8280

ゲートを入ると、クリスタルの宮殿のような温室を正面に、

広大なガーデンが広がっています。

あそこもここも見たいけど、

もたつく足を叱咤激励して、真っ先にスマイルガーデンへ。

Img_8264

吉谷桂子先生がデザインされた、150メートルのダブルボーダーガーデン。

Img_8277

すごい!

Img_8266

春の花たちの色の饗宴。

Img_8290

道行く人たちも息をのんで見入ります。

手前は白い藤と、奥はオオデマリの白い花。

Img_8267

花たちに導かれて奥へ、奥へ。

Img_8269

ああ、なんか、とっても幸せ。

Img_8283

チューリップはまだまだしなやかに。美しく。

Img_8284

ストロベリーキャンドルが木陰で赤々と燃えています。

Img_8213

ブルーを基調のカラフルな植栽から、オレンジ→白→ピンク→赤→ブルーが少し入って黄色へ。(確か~…)

Img_8274

ボーダーと平行する薄紫色の藤も、甘くて上品な香りを放ち、まさに見頃。

Img_8289

機会がありましたら是非ぜひいらしてみてください

Img_8268

お花さんからエネルギーをいただけますよ。

私ももう少し頑張れるかな。

 

本日も見てくださってありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ベンジャミンのサプライズ